【レビュー】多くのブロガーが愛用するメモアプリUlyssesとは?

【レビュー】多くのブロガーが愛用するメモアプリUlyssesとは?

皆さんはブログを書くときに下書きはどのようにしていますか?私は普段、外出中にiPadでAppleのメモを使って下書きをすることが多かったのですが、この記事で紹介するUlyssesというアプリを使ってからブログ執筆のスピードは1.5倍くらいになり、そしてブログをかくこと自体も楽しくなりました!

この記事では、Ulyssesを実際に使ってみてわかった便利な機能や、悪い点などをご紹介します!

この記事はこんな人にオススメ
  • Appleユーザーの方
  • パソコン以外にiPhoneやiPadでブログを書きたい人
  • 効率よくブログを書きたい人
目次目次[閉じる]

Ulyssesとは?

Ulyssesとは?

私の感覚的にひとことで表現するならばAppleの「メモ」の超上位互換でしょうか!まずはパッと見で比較してみましょう!

メモとUlyssesの比較

まず思ったのが、「美しい!」ということです。シンプルなデザインであると同時に画像の挿入や文字の強調などができる(マークダウン式と言います)ので非常に見やすい!書いててもテンションが上がります!見た目がきれいとか書いていて心地がいいとかはどうでもよく見えて結構大事ですよ。モチベーションアップにも繋がりますので。

また、これらの箇条書きや強調もしたのマークをタップして選ぶだけ(もちろんキーボードで直接入力してもOK)初心者でも簡単に使えます。

Ulyssesならば初心者でも簡単に操作ができる。

このようにシンプルで使い方もわかりやすいため、純粋に「書く」ことに特化したアプリだと言えると思います。

使ってみてわかったUlyssesの良い点、悪い点

良い点その1 :カテゴリー分けができ管理が非常に楽。

Appleのメモと比較して優れているところは、メモをカテゴリー分けして管理でき、メモのカテゴリー間の移動が非常にしやすいということです。これは本当に便利。私はブログを書くために進捗度合いを4段回に分けて整理をしています。

  • 記事のタネ:とりあえず思いついたことを書いておく
  • アイデア :記事のタネから記事になりそうなものをピックアップし、タイトルや目次を決める
  • 執筆中  :アイデアから記事にするものを取り出して肉付け
  • 投稿済み :サーバーにアップロード済みのものを保存

Appleのメモアプリだと具体的に記事を書いているメモと単なるアイデアを書いたメモがごちゃごちゃになってしまうので、うまく進捗状況の整理ができませんでした。

一方、Ulyssesの場合は進捗状況ごとにカテゴリーを分けてメモを作成することで、数が多くなってもそれぞの進捗状況がすぐに把握できるので重宝しています。また、作成したカテゴリーにアイコンを設定できるので直感的にどういうカテゴリーなのかを区別できるようになっています。

例えば、私の場合だと「記事のタネ」→「これから記事へと成長していく芽」というイメージで植物の芽のアイコンにしています。

Ulyssesmならカテゴリー間の移動も簡単で管理がしやすい。

良い点その2 :HTMLで書き出せてタグを自動的につけてくれる。

これはUlyssesに限った機能ではないかもしれないが、最後はHTML形式にして書き出すことができます。最終的にはブログとしてアップロードするには必須の機能ですね。ちなみに私はUlyssesを使うまではメモアプリで書いたテキストにひたすら手作業で<h1>などのタグを付けるという超非効率な作業をしていました...笑 

HTMLで書き出せてタグを自動的につけてくれる

ちなみ上の画像はUlysses(画像左)で書いたものをTextastic(画像右)にコピーして表示したものです。Textasticは編集してそのままサーバーに送るFTPの機能も備えている便利なアプリです。

良い点その3 :Wordpressに直接投稿できる。

ブログを運営しているほ  とんどの方はWordpressを使っていると思いますが、Ulyssesのすごいところはなんといっても直接Wordpressに投稿ができるという点が非常に優れています!!そのまま公開することもできるようですし、下書き状態にしてアップロードすることもできます。

ちなみにまだ私はHTMLで書いており、Wordpressに移行ができていないので、この恩恵を受けられていません...(なるべく早い段階でWordpressに移行しようと思います)Wordpressを使っている方にはかなり便利な機能だと思いますよ!

Ulyssesの悪い点

悪い点その1 :値段が高い

Ulyssesはサブスクリプションで月払いで550円、年払いで4,400円。学生だと割引があって半年払いで1,300円と少々お高めです。なかなか強気な価格設定ですが、ユーザーが離れていかない自信があったのでしょうか。買い切りのアプリがたくさんある中での、年額4,400円のサブスクなので他のアプリと比べると高いと思います。

Ulyssesは2週間は無料で使うことができるので、とりあえずダウンロードをして使ってみることをおすすめします!私はちょうどお試しの2週間が終了するころですが、もはやこのアプリから離れられなくなっているので、このまま年払いで使用を続ける予定です。

悪い点その2:iPhoneとiPadの同期がうまくいかない

私のUlyssesの使い方としては

  • 電車の中や外にいるとき → iPhone
  • カフェなどの家以外で作業するとき → iPad pro
  • 家にいるとき → MacBook pro

という使い分けをしているのですが、iPhoneとMacBook、iPadとMacBookのそれぞれの連携は非常にスムーズなのですが、iPhoneとiPadでの連携がうまくされません。どうやら原因を考えてみると、iPhoneとiPadの編集内容がクラウド上で喧嘩をしていて、MacBookでUlyssesを起動したときにiPhoneの編集を採用するか、iPadの編集を採用するかを選択する、という立て付けになってしまっているようです。

Ulysses内でのiPad,iPhone,Macbookの関係性

よって私の場合、外出中ではiPoneとiPad proの両方で作業をするのでその連携ができず、iPhoneで編集した内容を一度メモにコピーしてiPadに移すという非常に面倒な作業が発生します。

最近ではこの作業が面倒になってきたので、基本的にはiPadとMacbookで記事の執筆をして、iPhoneではネタ出し程度にのみUlyssesを使うといった役割分担をしています。

この点が改善されるとさらに使いやすくなるので、改善を期待して待ちたいと思います。

最後に

この記事でUlyssesの良い点も悪い点も挙げましたが、結果としてはブログを投稿するまでにかかる時間は圧倒的に短くなり、作業スピードは1.5倍ほどになりました(もともとのやり方が酷かったのもありますが笑)。お値段が少々お高めですが、iPad proを持っていてブログをやっている方には特におすすめします!私は普段リュックで移動するのですが、Macbookは重たいので外出中はiPadで作業することで荷物も軽くなりと移動も楽になりました。Ulyssesが少しでも気になる方はとりあえず2週間のお試しを利用していただいて気に入ったらサブスクリプションを申し込むというのがよいと思います!ぜひブログを書く際の参考にしていただければと思います!

【検証】iPadでブログは本当に書けるのか?【1ヶ月やってみた】
【検証】iPadでブログは本当に書けるのか?【1ヶ月やってみた】

2020/02/16

合わせて読みたい